アレルギー反応に注意!

ジェネリック医薬品は副作用が出やすい、という意見がありますが、これは薬に含まれる添加物の影響である場合が多いようです。

副作用として多く報告されるものは、体に発疹が出た、吐き気がするなどですが、これらはアレルギーの症状と一致するものです。

特に、これまで用いていた先発薬では見られなかった症状が、ジェネリック薬を変えた途端に現れたのであれば、添加物として入っているもののうち、いずれかの成分にアレルギーを持っているものと見て間違いないでしょう。


添加物のアレルギー反応

アレルギーを起こしやすい添加物としては、卵由来の成分である卵黄レシチンや、大豆由来の大豆レシチン、牛乳由来のカゼインなどが上げられます。一般に、食品アレルギーのある人はアレルゲンの食品由来の成分が含まれる薬は処方されないものですが、本人に自覚がない場合などでは、誤ってこれらの添加物を含む薬を飲んでしまうこともあります。

食物アレルギーの場合、最悪のケースではアナフィラキシーショックによって命を脅かすほど重症になる可能性もありますので、十分に注意し、医師や薬剤師にアレルギーについてきちんと伝えることが大切です。

もちろん、添加物のアレルギー反応は先発薬でも起こります。ですが、先発薬の方が人体に対する安全性、副作用などについて、より厳しく検査されるために、ジェネリック医薬品の方にアレルギー反応を出す患者が多いのではないかと言われています。


添加物自体は無害

添加物は、その製剤の投与量において薬理作用を示さず、無害でなければならない、と規定されており、人体に影響のないものでなければなりません。 しかし、アレルギー反応などの副作用のほか、まれに接触性皮膚炎や中毒症状を引き起こすものも存在します。

たとえば「ベンジルアルコール」は、注射時の痛みを和らげる無痛化剤として添加されるものですが、特に新生児など抵抗力が弱い場合には、けいれんや呼吸の乱れなどの中毒症状が見られる場合があるようです。 もちろん、大部分の人には無害ですが、年齢や体質によっては身体に害がある場合もあるということです。


変更は慎重に

特にアレルギー体質の自覚がある人は、ジェネリック医薬品への変更は慎重に行った方が良いでしょう。また、薬を服用して湿疹や吐き気といった症状が出た場合は、即刻使用を中止し、薬局で相談することをお勧めします。 その際に、どの添加物によってアレルギー反応が出たのかが特定できれば、今後のお薬選びにも活かせますので、あわせて薬局で相談すると良いでしょう。

なお、添加物はジェネリック医薬品だけの問題ではなく、先発薬にも当然、入っています。 たとえばこれまで、先発薬に含まれる添加物にアレルゲンがあるために使用できなかった薬などは、有効成分は同じで添加物が異なるジェネリック医薬品であれば用いることができる可能性があります。

同じ有効成分でさまざまな薬の中から選択できるようになれば、これまで我慢するしかなかった症状を緩和することが可能となる可能性があります。 さまざまな制限を受けることの多いアレルギー体質の人も今後、安心して薬を用いることができる可能性は非常に高いといえるでしょう。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.