ジェネリック医薬品のデメリットはあるの?

価格の安いジェネリック医薬品は、日本の医療費財政を救う頼もしい薬ですが、デメリットが1つもないというわけではありません。たとえば新薬を開発する製薬会社の資金不足や、メーカーによる品質のばらつきなどが挙げられます。


ジェネリックの台頭で、新薬の開発が難しくなる!?

ジェネリック医薬品は、今後も赤字の一途をたどる日本の医療費を削減するために、なくてはならない存在です。国がさまざまなシステムを変えてまで普及しようとしていることからも、それははっきりとうかがえます。

しかし同時に、先発薬を開発する製薬会社の経営はどんどん厳しくなる一方です。ジェネリックが普及するということは、当然ながら先発薬の売り上げが落ちることでもありますから、製薬会社は特許で守られた期間の中で最大限の利益をあげなくてはいけません。

国もジェネリックのシェアをとにかく伸ばしたがっていますから、古い先発薬の価格は大きく下げるなどして、メーカーに「早く次の新薬を作ってください」と急かしている状況です。

しかし新薬の開発は、たとえ大手の製薬会社であってもそう簡単なものではありません。次々に生み出せるわけではないのです。 つまりジェネリックで薬剤費を節約できるのはいいけれども、一方で新薬を開発するメーカーの経営が苦しくなり、今後必要になる薬の開発が遅れてしまう可能性もあるといえるでしょう。


複数の製品が存在するジェネリックならではの問題

他に考えられるジェネリック医薬品のデメリットとしては、やはりメーカーによる品質の差です。

もちろんどのメーカーが作った薬であれ、「生物学的同等性試験」などの決められたテストに合格する必要がありますので、効き目に大きな差が出ることは考えにくいものです。しかし病気の中には、薬のわずかな効き目の違いが大きく影響するものもありますので、やはり品質のばらつきは問題だといえます。実際ジェネリックに否定的な医師たちも、特にそのことを問題視しているようです。

またジェネリックは競争が激しいため、最終的にすべての薬が生き残るとは限らないところも問題かもしれません。最初はどれも同じような薬価からスタートしますが、2年ごとの改定のたびに薬価が大きく開いていき、選ばれる薬と選ばれない薬に分かれていきます。 ですから「いつまでも同じ薬を使い続けられるとは限らない」「万が一の副作用事故などが起きた時、そのメーカーが既になくなっている可能性がある」こともジェネリックのデメリットなのです。

また後発品メーカーには、大手製薬会社のように十分な数のMRがいないため、製品情報に乏しいといった医療関係者からの声も寄せられています。中には、「不明な点は先発薬を作った会社に問い合わせてほしい」という対応をするメーカーもあるとのことで、このような点でも信頼性に欠けると言わざるを得ないようです。

もちろんジェネリック医薬品は医療費削減のために必要な薬ですが、今後こうした問題をクリアしていくことも求められています。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.