ジェネリックと個人輸入薬の大きな違い

ジェネリック医薬品は、価格の安さが最大の特徴ともいえます。 特に、毎日薬を飲み続けなければならない生活習慣病などの疾患を抱えている場合や、健康保険が効かない自由診療で薬代の全額が自己負担となる場合などでは、その違いは大きくなります。


ジェネリック医薬品は安心?

価格が安いのは、決して商品が粗悪品であるとか、原料が危険な輸入品であるといった理由ではなく、薬の開発にかかるコストが先発薬に比べて圧倒的に低いためですので、品質に問題のないものがほとんどです。

当然ながら、国の承認を得て医薬品として販売しているわけですから、安全性において国のお墨付きを得ていると考えて差し支えありません。もちろん、承認の際にはその原料となる薬の品質もチェックされ、先発薬と同等、またはそれ以上と認められなければ承認されません。

もちろん人によって副作用の問題はあるにしても、日本国内で「医薬品」として流通しているものについては全て、安心して服用できるものと考えて差し支えないといえます。


個人輸入薬のジェネリック

日本では、たとえば薬局で購入した薬がパッケージと同じものであるのは当然で、そもそも違うものが入っているとは疑いもしないことと思います。また、どの薬局で薬を購入したとしても、同じ商品であれば全て同じ効き目の薬であるのも当たり前と考えます。 実は、これが当たり前となっている日本という国は、世界的に見れば非常に恵まれている国といえます。

日本では医薬品の製造工場には厳格な規定があり、清潔で安定した環境で薬を製造するのが当たり前となっています。また、その流通システムも高度に発展しているため、工場で製造された商品がそのまま店頭に並ぶのも当たり前となっています。

しかし、海外では日本ほど製造工場に対する規制が厳しくなく、さらには流通システムも発展していないところの方が多いので、製品の効き目にばらつきが出たり、流通の途中で別の薬と入れ替えられたりといったことが頻繁に起きる可能性があるのです。

たとえば工場ではきちんと商品を製造し、薬局でもきちんと正規工場に発注しているにも関わらず、店頭に偽薬が並ぶといったケースもあります。 さらにひどい場合では、病院で用いる点滴薬が偽薬であったため、患者が死亡したというケースも報告されているのです。

ネットの普及に伴い個人輸入が簡単に行えるようになりました。特に人気が高いのは、ED治療薬で、有名なバイアグラのジェネリック医薬品、たとえばインド製のカマグラなどです。

日本人は、薬というものに対して絶大な信頼が根底にあるため、記載通りの商品が届くと信じて購入しますが、薬のように目で見て何が入っているかを判断するのが難しいものは、簡単に偽薬とすり替えができるのです。 実際に、個人輸入サイトで手に入るED治療薬の約半数は偽薬であったという調査報告もあります。 海外製のジェネリック医薬品は、信用しない方が良いでしょう。

なお、バイアグラのジェネリック医薬品はすでに国内でも販売されています。 健康被害などのリスクを冒して海外製品を手に入れるくらいならば、多少高めでも安心して服用できる国内のものを病院でもらう方が、結局は安くつくのではないでしょうか。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.