どうして日本ではジェネリックが少ないの?

ジェネリック医薬品の海外シェアは高く、たとえばアメリカやヨーロッパでは全体の半数以上をジェネリックが占めています。しかし日本ではまだ2割程度にとどまっており、なかなか普及が進んでいません。

そこには日本の健康保険制度が充実していること、そしてブランド意識が高いことや、ジェネリックに懐疑的な医師が多いことなどが影響しています。


医療天国ニッポン!

顕微鏡 日本の健康保険制度は、世界からみてもかなり高水準です。誰もがいつでも、好きな病院にかかることができ、保険診療であれば常に3割(人によっては1割)負担で医療を受けることができます。もちろん薬代も同じです。

他の国では、かならずしもそうではありません。特にアメリカは医療費が高いことで有名ですが、そもそも公的保険に入れるのは高齢者や低所得層、障害者などのごく一部の人たちのみ。それ以外の人は任意で民間保険に加入するしかなく、しかも安く医療を受けようと思えば、それなりに高額なプランを選ばなくてはいけません。

アメリカの民間保険会社は、少しでもコストを抑えるために加入者にはジェネリック医薬品を勧めますし、それは公的保険の「メディケア」や「メディケイド」であっても同じです。

またイギリスなどは医療費が無料の国ですが、その分規制も多いのが現状です。無料で医療を受けるためには、指定されたかかりつけ医でなければいけませんし、国が医療費を負担している以上、少しでも安いジェネリック医薬品が推奨されています。 ジェネリックがあるにも関わらず先発薬を処方する際には、医師は国に理由を明示しなければいけません。

そう考えると、いつでも3割負担で好きな薬を選べる日本という国は、かなり特殊であることが分かります。また先発薬の薬価によっては、ジェネリックとの価格差がそれほど開いていないために、ますますジェネリックの需要は低いようです。


安かろう悪かろう!?

また「正規品じゃなければ信用できない」という、日本人に多くみられる一種のブランド意識も、少なからず影響しています。海外では「同じ成分で同じ効能なら、安いほうがいいに決まってるじゃん」と思うところを、日本人はついつい慎重になってしまうのかもしれません。

しかも、その意識は医師たちにもあります。ジェネリック品は、たしかに先発薬とまったく同じ薬ではなく、コーティングや添加物に違いがあったりするのですが、そのことに不安を覚える医師も多いのです。 また1つの先発薬に対して、ジェネリック品は大抵複数あるため「商品によって微妙な差がある」ということも、医師たちの不安材料となっています。

とはいえ、国も少子高齢化で医療費の負担が年々増えていることから、ジェネリックの普及活動に本格的に取り組んでいます。今後はジェネリックの時代がやってくることでしょう。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.