ジェネリック医薬品製薬会社の努力

人気の高い先発医薬品では、複数のメーカーがジェネリック医薬品を出していることも珍しくありません。 現在のようにジェネリック医薬品が広く浸透する以前は、メーカーによってその品質や効き目に大きな違いが出るといった場合も多く、なかには粗悪品といっても良いようなものも存在しました。

しかし近年では、ジェネリック医薬品の試験も強化されており、以前のような品質のばらつきは見られず、どのジェネリック医薬品でもほぼ同じような効き目が期待できるようになっています。 では、ジェネリック医薬品会社は、差別化を図るためにどのような手段を講じているのでしょうか。


価格競争の限界

ジェネリック医薬品の最も大きなセールスポイントは、価格の安さと言えるでしょう。 ほとんどの薬は、薬そのものの原価は決して高くなく、価格を決定しているのは研究開発費など、薬の開発までにかかった経費ですので、先発薬のように多額の開発費を投じる必要がないジェネリック医薬品は、かなり安価で販売することが可能です。 先発薬との価格競争で負けることはないジェネリック医薬品ですが、ジェネリック同士では過酷な価格競争となることもあります。

売りが「安さ」である以上、これは自然な流れです。 実際に一時期、製品価格をひたすら下げるという価格競争が行われたのですが、各社とも利益が上がらなくなり、生産中止になってしまうというような事態に追い込まれる結果となりました。 政府の規制も入り、現在は価格競争による差別化は行われることは少なくなっています。


セールスポイントをあみ出した企業

価格が差別化要素とならなくなり、ジェネリック医薬品会社は生き残るために新たなセールスポイントをあみ出す必要に迫られました。

たとえばニプロファーマーや富士製薬では、まだ他の会社が進出していないニッチなジャンルの医薬品を開発することで、その薬のトップ企業となる道を取りました。

たとえば罹る人の少ない病気の治療薬や限られた病院でしか使われない医薬品、または一般的な病気であっても、特定の症状が見られたときのみに使われるといった、使用頻度の少ない医薬品については、多数の販売が見込めないため、わざわざ開発費をかけてジェネリック医薬品をつくる製薬会社は非常に少数です。

競争相手がいなければ、過剰な価格競争の必要もなく、また使用頻度は少ないとはいっても、全国すべてのシェアを独占できれば、きちんと利益も見込めるわけです。


薬の形状にこだわる製薬会社もあります。

たとえば、水分の摂取が制限されるような病気や、固形の薬品を飲み込むことが困難な人のために、口の中の唾液で溶ける「口腔内崩壊錠」を開発したのはジェネリック医薬品製薬会社の東和製薬です。

このようなニーズはあまり多くないため、巨額の資金を投じてできるだけ多数の医薬品を販売しなければならない先発薬会社では手を付けかねるものとなり、まさに小規模なジェネリック医薬品製造会社だからこそできたことではないでしょうか。

他にも、医療従事者のミスを軽減するため、レーザー印刷を使って小さな薬に名前を入れるといった細かい配慮をした沢井製薬も、大きく躍進している会社の1つです。 ジェネリック医薬品会社の努力は、今後の日本の製薬業界全体にも良い影響を与えることとなるのではないでしょうか。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.