ジェネリックの普及で、大手製薬会社の経営はどうなる?

国を挙げてジェネリック推進に励んでいる今、ふと「先発薬を出している大手製薬会社の経営は大丈夫なの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?実際、大手メーカーの売上は落ちてきており、中にはジェネリックの開発に参入する企業も増えています。


新薬だけで食べていくのは大変な時代

新薬の開発には、数百億円という大きなコストがかかります。莫大な費用と長い長い治験の末にリリースした新薬が、ヒットすれば成功です。一般的には年間100億円以上の売上があれば成功、500億円以上にもなると大成功といわれています。

このようにして利益を得て、また次の新薬の開発に資金を投入していくのが理想的なスタイルといえます。これがうまくいっている会社としては、たとえばファイザーやノバルティスファーマなどの世界的な企業が多いでしょう。残念ながら、日本ではトップといわれる製薬会社も、世界からみればランキングの上位に入っていません。

利益が十分に出ず、新薬を開発し続ける資金力がない会社では、過去に販売した薬の売上に頼らざるを得ません。これまではジェネリックの国内シェアが低かったため、先発薬の需要はまだまだ高く良かったのですが、今後は明らかにジェネリックが台頭していくことでしょう。そこで一部の企業は、新薬開発と並行してジェネリックの市場にも参入するようになっています。

そもそも世界をみると、新薬とジェネリックの両方を開発する製薬会社のほうが多く、日本のように明確に分かれている国のほうが珍しいのです。日本でも今後、同じようになることが予測されています。また世界的企業に吸収される会社も、ますます増えることになるのではないでしょうか。


生き残るのは一部の会社のみ!?

医療の発展によって、画期的な新薬というものも、今後は今までほど多く登場しないだろうといわれています。ジェネリックも、ある程度は市場に出尽くしていることから、現在は抗がん剤などの開発がメインになっているようです。

つまり新薬にしろジェネリックにしろ、本当に永く生き残れる会社はそれほど多くなく、今後はますます吸収・合併が進んで、世界的大手のメーカーのみが生き残る時代がやってきそうです。

ちなみに日本で、薬の市場がピークを迎えるのは、団塊の世代が75歳を迎えた2025年ごろではないかと予想されます。それまでに画期的な新薬を開発できるかどうかが、製薬会社の生き残りを左右するのかもしれません。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.