1つの薬にたくさんのジェネリックが出ているのはなぜ?

先発薬の特許が切れた後で作られるジェネリック医薬品。その薬の需要が高ければ高いほど、複数の後発品メーカーがジェネリックを作りますので、結果的に何種類ものジェネリックが出回ることになります。

これによって「いい意味での競争が発生する」一方、「商品によって若干の違いが出てくる」というデメリットもあるようです。


ジェネリックは競争によって磨かれていく!?

ある薬のジェネリックを調べてみると、非常に多くの商品が出ていることに驚いたことのある人も多いかもしれません。

たとえば消炎鎮痛剤で有名な「ロキソニン」などは、各メーカーがジェネリックを製造・販売していますので、その数は数十にも及びます。もちろん、いずれも同じ「ロキソプロフェンナトリウム」という有効成分を使っていますから、効能は一緒です。

どの後発品メーカーも、先発薬の特許が切れれば、どこよりも先にジェネリックを作って販売したいと考えています。その薬が画期的であればあるほどそうでしょう。

また末永く選ばれるためにも、各メーカーは商品に独自の工夫を凝らそうとします。たとえば、より飲みやすくするために小さな錠剤にしたり、水なしで飲めるようにしたり、味を良くしたりする…といった工夫です。

このように「激しい競争が巻き起こるために、製剤の技術が上がり、品質も向上する」というのは、ジェネリックの大きなメリットだといえます。実際、ジェネリックの中には先発薬よりも優秀なものがあることは、多くの医師も認めるところです。


ジェネリックが多すぎることによる問題

一方で、1つの先発薬に対してあまりにも多くのジェネリックが出ると、微妙な効果の差が出てくるのではないか、という懸念も生まれてきます。

ジェネリックはいずれも先発薬と同じ有効成分を、同じ量使って作られますが、その作り方(製剤)や、他の成分(添加剤)などはそれぞれ異なります。逆にいえば、製剤や添加剤こそが工夫を加えられる部分でもあるのですが、それは同時に商品間の差を生み出すことにもつながるのです。

ジェネリックに否定的な医師がまだまだ多い背景には、こういった品質のばらつきもあるといわれています。ただし今後さらにジェネリックが使われていくことによって、結果的に本当に信用できる高品質なものだけが生き残っていくでしょう。

ちなみに「どのジェネリックを出すか」については、医師が銘柄を指定する場合もありますが、基本的には薬剤師の仕事になります。薬局に在庫のあるジェネリック品の中から、その患者さんにもっとも合ったものを選ぶのです。

また薬局の在庫スペースにも限りがありますから、何十種類ものジェネリックが出ている薬に関しては、すべてを置くことはできません。その中から信用のおけるものを選んで取り寄せるのも、薬局側の仕事です。

より多くの薬局に置いてもらうために、自社の薬を営業する人のことをMRといいますが、後発品メーカーではMR不足も大きな問題になっています。その意味でも、やはり多くの人材を抱える大手メーカーのほうが有利といえるのかもしれません。




ジェネリックにまつわる問題

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品を活用するために

ジェネリックメーカーの挑戦

Copyright(c) ジェネリック医薬品の疑問を解決! All Rights Reserved.